読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発再稼働は許されない!

 今回は、アメリカ、スリーマイル島原発(以下、スリーマイル)事故を思い出してみましょう。1979年3月にこの事故は起きました。原発の危険性を考える上で決して忘れてはならない大事故です。その理由は事故原因にあります。福島原発事故は、巨大地震と大津波で、いくつもの安全装置(たとえば4台あった緊急時電源ディーゼル発電機)が津波という共通要因で全て使えなくなって電源が失われ、冷却水を炉心に送り込むポンプがアウト、こうなってはもはや炉心溶融も防ぎようがないという原因によるものでしたが、スリーマイルは違います。それは数ある蒸気逃し弁の中のたった1個の弁の故障で始まりました。それは圧力容器内の温度の上昇で発生する蒸気を弁の開閉によって炉内圧力を調整するための装置です。作動原理はバネ式で、原始的ですが圧力が上がれば開いて蒸気を逃がし、下がれば閉じる確実な作動が保証されているはずのものでした。この蒸気逃がし弁の一つが原因は分かりませんが開いたまま閉じなくなって蒸気が逃げ続けました。時間の経過で圧力容器内の水位は下がります。そして、一定の水位を切ったところで、こうした場合に水を強制的に炉心に注入し炉心水位を保つために設けられていた安全装置、緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動し、炉心に水が注入されました。すると、今度は、炉心水位の状況を中央制御室に知らせるために設けられていた加圧器水位計が上に振り切れてしまう事態となりました。これでは注入水による過圧状態で圧力容器が危険になります。そこで、運転員はECCSを手動で止めます。弁は開きっぱなしですから、水位が下がりECCSが作動し、運転員はまたECCSを停止します。こうしたことを繰り返すうちに、炉心の燃料棒が露出して最終的には燃料棒の約半分が溶け落ちてしまいました(メルトダウン)。福島と同じですが、最後に運転員が弁が開きっぱなしであることに気付いて閉じたことで、溶融燃料が圧力容器から抜け落ちるところまではいかず大惨事にはならずにすみました。ところが、政府が派遣した事故調査委員会の報告書の事故原因に関する結論はなんと運転員のミス、日本の運転員はよく教育訓練されていて、このような事故に至ることはないというものでした。報告書は、運転員は当時のあらゆるデータを総合的に考慮すれば、原子炉の状態を的確に把握できたはずだというのです。

 蒸気逃がし弁の開閉を示す中央制御室のパネルは、開いているにも関わらず「閉」と表示されていました。そして、加圧器水位計も間違いなく振り切れていました。運転員は原子炉の破滅的危機を回避するために教えられたとおりの措置をとっていたにすぎません。しかし、事故後の調査で判明したことで言うと、パネルの「閉」は「閉じよ」の電気信号がでていることを示すもので、実際に閉じているかどうかは分からないという代物でした。加圧器水位計も、蒸気が大量に含まれてしまうと液状の水の水位は正確には測れなくなることも分かりました。こうしたことを根拠に原発推進を維持したい人たちは運転員の判断と操作を責めることで、事故の影響を最小限に抑えようと企図したのですが、それまでの原発安全宣伝の柱、フェイルセーフ(人間の誤操作、機械の誤動作を阻止する構造)にも、フールプルーフ(誤操作誤作動があっても安全側に自動的に修復される構造)にも全くなっていないことを棚にあげたあまりに無責任な言い分でした。命にもかかわる放射線高のアラームが鳴り続ける中央制御室で、不完全な機器を与えられて(「閉じよ」の指示が出ているのに閉じているかどうかは分からない)、どの表示が事態を正確に伝え、どれが信用できないのか、そこから考えなければならないような情報をもとに一体誰に正しい状況把握ができるというのでしょうか 運転員たちはその後もずっと「同じ状況に置かれたらECCSの停止など同じ措置をとる」と怒っています。

 このように、原発の大事故というものは、思いもよらぬ些細な原因からも引き起こされるし、そこにいくつかの機器の不備、不具合が加わることで取り返しのつかない事態へと発展してしまうのです。スリーマイルはそのことを教えています。人間は完全ではないし、機械も故障することがむしろ普通です。原発再稼働は許されません。